離婚相談

   
一人でずっと思い悩んでいませんか?
一人で悩まないで、まずはお気軽にご相談ください。
 
まずは最初の一歩を踏み出してみましょう。 
 
詳細は当事務所が運営する離婚相談専門サイト
「京都離婚相談支援センター」のHPをご覧ください。
 
 
  京都離婚相談支援センター
 
 

遺言書作成

 
「わざわざ遺言するほど財産ありません。」
 
「まだ生きてるうちから遺言なんて縁起が悪いなあ。」
 
「うちは兄弟も親戚も仲がいいので遺言なんて・・・」
 
遺言」とは、自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた切な財産を、最も有効・有意義に活用してもらうために行う遺言者の意思表示です。  
遺言書を書くことは、要件や方法さえ正しく理解すれば決して難しいことではありません。家族や身の回りの大切な人を守るためにぜひ遺言書を残しましょう。
 
詳細は当事務所が運営する遺言相談専門サイト
 
京都遺言書作成相談支援センター
 
 
 

相続手続き

 
 

敷金(保証金)返還請求・賃貸トラブル

 
敷金(保証金)は黙っていては返還されません。
 
敷金(保証金)はあなたの財産です。判例やガイドラインに基づいて査定をした金額を通知して、敷金返還請求をしましょう。
 
敷金はあなたの財産です。
泣き寝入りせず正当な金額を返還してもらいましょう。 
 
その他、賃貸借契約書の作成や滞納家賃の回収など賃貸トラブルに関するご相談もお気軽にお問い合わせください。
 
詳細は当事務所が運営する敷金返還・賃貸トラブル相談専門サイト「京都敷金返還・賃貸トラブル相談支援センター」のHPをご覧ください。
 
京都敷金返還・賃貸トラブル相談支援センター
 
 
 

悪質商法・クーリングオフ・解約代行

 
クーリングオフ制度とは、一般の消費者が申し込み、または契約から一定の期間内であれば、理由を問わず無条件に一方的に申し込みの撤回または契約の解除ができる消費者保護制度です。
 
しかし、全ての契約や商品、サービスにおいてクーリングオフができるわけではありません。また、販売方法や商品によってクーリングオフが可能な期間が定められており、書面により確実に証拠を残すことが重要です。

クーリングオフは個人で行うことも可能ですが、契約金額が大きいときや相手業者が悪徳業者のとき、クレジット契約が絡んでいるときなどは専門家に依頼して確実にクーリングオフを行うことをオススメします。
 
クーリングオフができない場合、クーリングオフ期間を過ぎてしまった場合でも、悪徳商法や詐欺・錯誤の場合は契約の解除や無効を主張することができたり、消費者契約法に基づいた取り消しができる場合もあります。諦めずにお気軽にご相談ください。
 
 

 
 

未払い賃金・残業代請求・労働関係トラブル

 
不況が続くと言われる昨今、毎日当たり前のようにサービス残業が続いたり、給料の遅れが発生したり、ついには長年お勤めの会社から突然の解雇を通告されたりでお困りではありませんか?
 
企業のコンプライアンスが盛んに叫ばれるようになった最近でも、不景気を理由に労働者にこのような不利益を押し付ける企業はまだまだたくさん存在します。
 
勇気を出して、法律に則った正当な権利を主張しましょう。
 
未払い賃金・残業代の債権は時効によって2年で消滅します。
まずはお気軽にご相談ください。
 
 
 

各種内容証明郵便作成代行

 
 
 

合意書・示談書・誓約書等作成代行